人工物であるインプラントが虫歯になることはありま

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というプロセスをたどります。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、相場はあると言えます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ