普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。
どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。
また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ