人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗があ

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。大至急歯科医にかかってください。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ