実践してみればそうはいかない

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。
簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。
相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。本人に気づかれないようにして、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要となる機材や技術があります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠とは認められません。探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストだと思います。
パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査を行った期間が長期にわたれば請求される調査費用も多額になります。
探偵業者によって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込み惨憺たる状態になるのは、映画やドラマでよく描かれます。
夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害・殺人まで起きるというプロットもサスペンスにはありがちです。
情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。
離婚まで覚悟しているならば、やってみる手もあるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ