探偵の浮気調査

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。
それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。
調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、離婚するかしないか心が乱れますよね。
ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。
夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査員の食事代が足されるケースもあるようです。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。
そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは結構なお値段なので、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。
探偵へ浮気調査を頼んだら、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所それぞれで調査料は変わってきますから、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると確実に別れさせることもできるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ