歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。しかし、難点もあるということに気を付けてください。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。
http://xn--eckvdxb1d3bc4581f3sua533e.xyz/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ