成功すれば満足感が大きいインプラン

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ