口臭を人から指摘されるようになった

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。
さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ