歯周病には気をつけてください

インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。
インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ