人工歯としてのインプラントは

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って生活するよう気をつけてください。普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ