金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。
ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ