チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがイ

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。実は、かかる費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
大阪市梅田 インプラント 認定医

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ