治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。
それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ