例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自

例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ